iPhone ケース選びのポイント!素材別のメリット・デメリット

      2014/11/26

iPhoneを手にして一番最初に考える事は「iPhoneの保護」ではないでしょうか?肌身離さず持ち歩くiPhoneを「傷つけたくない」「カッコよくしたい」「可愛くしたい」というのは誰しも思う事でしょう。

その為にも”失敗しないケース選び”というのはポイントになってきます。

 

iPhone5バンパー - Deff CLEAVE CRYSTAL BUMPER for iPhone5

またiPhoneというのは、数多くリリースされているスマフォの中でもダントツでケースが豊富に揃っています。ケース選びだけでも楽しくなってしまう良さもありますね。

それぞれ「こんなケースが欲しい!」というものは、頭に浮かんでいると思います。ここでは素材別の特徴やメリット・デメリットを紹介し、ユーザーのケース選びにお役に立てればと思ってます!

素材別の大まかな特徴を掴んでおけば、欲しいケースのイメージがグッと形になってくるでしょう!それでは紹介していきます(^^♪

 

ソフトケース

iphone-soft-case

1. シリコンケース

メリット

  • 素材が柔らかいので装着しやすい。
  • 衝撃吸収性に強い。
  • グリップが良く、手に馴染むので落としづらい。
  • 価格が安い。
  • カラーバリエーションが豊富。

デメリット

  • 粘着感があるのでホコリが付着しやすい。
  • 長期使用すると、劣化し素材が伸びてしまう。→ケースが緩くなる。
  • 長期使用すると、黄ばんでくる。
  • 放熱性が悪い。

 

2.TPUケース

メリット

  • シリコンよりも素材が硬く、形状が安定している。
  • シリコンよりもゴミが付着しづらい。
  • 衝撃吸収性に非常に強い。
  • 軽量かつ、グリップがいい。
  • 価格が安い。
  • カラーバリエーションが豊富。

デメリット

  • 熱に弱いので、変形する可能性がある。
  • 変色しやすい。
  • ケースの形状によっては乱反射によりカメラの写りが悪くなる。

 

まとめ

ソフトケースはシリコンやポリウレタンの一種であるTPUを使用したものが多く、ゴムに似た素材のため衝撃吸収性には非常に優れている点があげられる。また価格が低価格なので購入しやすい点も良い。

ただし、使用するにつれて素材の伸びや変色・ベタつきがあるので、1つのケースを長く使いたいと思っている方にはオススメしません。ケースをこまめに変えて、デザインを楽しみたい方にオススメです。

 

ハードケース

iphone-hard-case

1. ポリカーボネートケース

メリット

  • 薄くて軽い。中には0.2mmの薄さまである。
  • 透明ケースなどがあり、iPhoneのデザインを損なわない。
  • 種類が豊富。
  • 価格が安い。

デメリット

  • 耐久性は少し弱い。落下時にケースが割れる事がある。
  • 特に透明ケースに多いが、ケース内にホコリが入ると汚れが目立つ。
  • ボタンなどの操作性が少し悪くなる。

 

まとめ

殆どのハードケースではポリカーボネートが使用されています。薄くて衝撃に強く、加工しやすいので様々なデザインがある。acr0.もiPhone 5発売当初、アルミバンパーが出揃うまでの繋ぎとして、透明ハードケースを使用していましたが、数時間でケース内にホコリが入り汚れが目立ったのですぐに他のケースにしてしまいました。

iPhoneのデザインを損ないたくないならば、透明ハードケースを選択するよりも、”バンパー+背面保護フィルム”の方が良いと思います。

これはソフトケース・ハードケース共に言える事ですが、ケース内に硬い異物が混入するとケースとiPhone本体との摩擦で傷が付くことがあるので注意です!

 

iphone-hybrid-case

そして最近では、背面をポリカーボネート使用し、サイドにはTPUを使用したハイブリッドケースが増えてきました。iPhone背面のデザインを損なわない利点がある反面、サイドとの一体感がないためスマートさには欠けます。

 

メタルバンパー・ケース

グラマス512 バンパー

1. メタルバンパー

メリット

  • メタル素材を使用しているので高級感がある。
  • iPhone背面のデザインを損なわない。
  • 最近は薄くて軽いものも多い。

デメリット

  • 価格が高い。中には2万円以上するものもある。
  • 背面を守っていないので落下させると傷が付く事がある。
  • 着脱に工具が必要があるものが多いので、少々面倒。
  • 種類が少ない。

 

2. メタルケース

※個人的にオススメしません。その理由はこちらの記事に書きました!

>>iPhone メタルケース・バンパーの選び方の最重要ポイント!

 

まとめ

acr0.が主に使用しているのがメタルバンパーです。メタルケースは個人的にはオススメしません。その理由は後述します!メタルバンパーの良さは高級感ですね!またソフトケース・ハードケースが主流の中、他のiPhoneと差別化が出来る点が良いです。

デメリットに「落下させると傷が付く事がある。」と書きましたが、acr0.は家の中でも道でも何度も落としましたが、傷が付いた事はありません。バンパーってナカナカ上手く作られてるんですよね。

落下すると、大抵は角から落ちていくのでバンパーへの不安を感じてる人が思う程、傷が付くことはないと思います。また最近は、バンパー用の背面バックプレートなども販売されているので、不安に思う方はそちらも購入して貰えればそんなに問題はないですね。

 

カバー付きケース

GRAMAS 412_2

1. 革ケース

メリット

  • 高級感があるのでビジネススタイルに良い。
  • カード収納などがあるので利便性がある。
  • グリップ力、手触りが良い。
  • 液晶画面の保護に役立つ。

デメリット

  • 製品によっては革のダブつきがあるので操作性は少し劣る。
  • その都度、カバーを開閉するので少し手間がかかる。
  • お手入れが必要。
  • 本革になると価格が高い。

 

まとめ

acr0.がメタルバンパーに次に気になっているのは革ケースです。あの触った時の心地良い手触りは人間なら誰しも好きじゃないでしょうか?使い込めば使い込むほど風合いも良くなる点も魅力的ですね。

ですが、どうしても革も伸縮するので、長く愛用していると生地の伸びなどが生じてダブつきなどが出てきますのでボタン等の押しやすさはハードケースなどと比較すると落ちます。

 

総括

素材別によりそれぞれの特徴があるので、ユーザーがどの点に重きを置くかにより選択するケースというのは変わってきます。

全てに言える事ですが、お店で購入するにしろ通販を利用するにしろ、1度は量販店などに行ってみて、実際にケースを手にとって、自分の目でチェックをしてから購入するのが良いでしょう。通販に失敗はつきものですからね・・・(;´Д`)

 

 - iPhone/iPadケース