【PATCHWORKS】アルミ×ウッドのコンビネーションバンパー”Alloy X Wood for iPhone 5”

      2014/11/26

【PATCHWORKS】からアルミとウッドを組み合わせた”Alloy X Wood for iPhone 5”を紹介します。このバンパーの特徴は薄さと軽さ!厚みは1.2mm、そして重さは6gだから驚き!

 

alloy-x-wood

ウッドとの組み合わせバンパーとして当ブログでも紹介したのは「ELEMENT CASE RONIN」があるが、価格が¥19,800という事もありかなり高いです・・・。

「もう少しで良いから安いのは?」と言ったら、このバンパーケースが良いかもしれませんね。価格は¥14,700で少しだけ安く・・・。

 

alloy-x-wood-side-top

「Alloy Xとどう違うの?」と聞かれると、細かな付属品はありますがバンパー自体の性能や強度の違いはほぼないと思っていいですね。それではPATCHWORKS『Alloy X for iPhone5/5s』アルミバンパーに待望のゴールド色が追加との違いを挙げてみますね。

  • 上部・サイドにウッドを使用している。
  • USG保護フィルムが付属している。
  • 100%天然木スキンシールが付属している。
  • マイクロファイバークロスが付属している。
  • ホコリ除去用シールが付属している。

価格は「Alloy X」が¥7,980で、「Alloy X Wood」が¥14,800で約2倍!この差が高いか安いかを感じるのはそれぞれ個人差がありますが、このバンパーに不満な点を付けるとしたらウッド製のスキンシールが背面のものしか付属してない事。

せっかく、ウッド調にするなら液晶面も背面もウッドにしたいと思うのが普通かなとacr0.は思います。ですが付属されてるのはUSG保護フィルム!

それだったら、「Alloy X」に同じく【PATCHWORKS】から発売されている”Naked Nature Collection for iPhone 5”で液晶面・背面をウッド調にした方がそれらしくなるかなぁ~なんて思ってますね。しかもスキンシールの価格は¥1,785だしね。

ただし、先程違いを述べたように上部・サイドもしっかりウッドにしたいと思うならば、「Alloy X Wood 」にウッドスキンシールを貼った方が、よりウッド感が増してくるとは思います。

その選択を決めるのはアナタ・・・ですm9っ`Д´) ビシッ!!

 

 - iPhone/iPadケース